読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいでんのつぶやき

こんにちは!大学で物理を勉強しています、あいでんです。日々感じていることを日記のような感覚で書いていこうと思っています。ぜひ読んでみてください。

クリスマス!だけど・・・

世間ではクリスマスだと家族や恋人と一緒に過ごしているのでしょう。もちろん、仕事で忙しい人や、一人で寂しいよっていう僕と同じ人もいるでしょう(一人で自由に過ごせる時間もすごい貴重な時間ですよね!)。私は通常運転でございます。あらかじめ断っておきますが、ぼくにとってはクリスマスなんて関係ない!と思っているわけではないです。年に一度の素晴らしい日でしょう。でも僕にとってはそのほかの一日もクリスマスと同じくらい特別な一日です。もうその日は二度と戻ってきません。まさに時間=命です。周りの人がどう思っているか私にはわかりませんが、ぼくにとっては毎日がスペシャルな日なのです!しかも大学生という貴重な時間は、人生を良くも悪くも大きく変える時間となるはずです。大学生になってから時間を無駄にしていたな、と最近になって気が付きました。周りに流されるという悪い癖が出ていたようです。頑張っているつもりでしたが、振り返ってみると本当に「つもり」でした。

さて私にとってはクリスマスもほかの一日も同じように大切だと述べましたが、クリスマスなどの節目は、気持ちを入れなおす、もう一度ギアを上げる絶好のチャンスではあると思います。高校のときの校長先生のあいさつでこの話を聞いてからこのことは僕の頭の中に残っています。素晴らしい考えですよね!僕にとって今日はまさにギアを上げる日です。具体的には物理の勉強頑張るぞっ!ていうことですね。

最後に、大学の授業も終わり、いくらか時間もできたので最近は毎日ランニングをしています。できれば来年はマラソン(ハーフかな)に出たいので納得のいく結果が出せるように継続していきたいと思っています。ランニングが好きな僕ですが、きっかけは少年野球をしていた時にたくさん走っていた(走らされた?)ことですかね。

人と違うことこそが自分の武器になる

ぼくの欠点はコミュニケーション能力が低いということです。その自分があまり好きではありません。必要なことは普通に話せますが、雑談とかどうでもいいトークがまったくできません。そんなことで悩んでいるのですが、先日、美容室でシャンプーをしてもらいながら頭をふとよぎったのがタイトルにもあるように人と違うことってそんなに悪いことでもないんじゃないか?むしろそれこそ武器になる可能性がきっと大きい!という考えでした。以前読んだ本のどこかにでも書いてあったのかな?

おそらく中学校からですが、冗談が言えなくなっていて、(小学校ではそんなこともなかった気がするのですが・・・)よほど気が合わない限り1対1では話が続きません。周りを見ていると友達多い人とか話が盛り上がっているグループとかうらやましく思うのですが、どうもその人たちと同じようにはいかないようです。気が弱いんです・・・。もちろんそういう人たちは僕の知らない努力をしているであろうことは最近になって気づきましたが。

人とコミュニケーションとるのが苦手なら、その分を別のことに費やしてその道を極めようという考えが最近僕の中に沸き起こってきました。それじゃあ逃げてるだけじゃん!と思う人が多いかもしれませんが。それで、その道とは物理学のことです。ここでももちろんコミュニケーションは重要ですが、物理のことに関してならそこまでコミュニケーションが取れていないわけではないと思っています。頭がいいわけでもないのは分かっているつもりですが、物理の世界で戦っていきたいと今は強く思っています。人とコミュニケーションをとる時間を物理の勉強、研究に当ててそれを自分の武器として生きていきたい。そんなふうに思うようになってきたのですが、ほかの人はどう思うのでしょうか?

一方で昔(中学校あたり)から何とかしたいと思いつつ、結局今までそんな自分を変えられていないのですが、その原因もある程度は分かっているつもりです。これは端的に言って無駄にプライドが高いのです。失敗恐怖症みたいな言葉があればぴったり当てはまると思います。何かにチャレンジして失敗するのが怖いという気持ちから行動に移せないことが多々あります。行動に移さないから経験が積み重なるということがなく、さらに弱気になってしまうのです。当たって砕けろの精神で生きていきたいのですが、踏ん切りがつかないのが非常に苦しいです。今回の考えは、それなら開き直って考えてみようといったところです。最後に、もし何か良いアドバイスがあれば教えていただけると幸いです。

初投稿でしたが、こんな感じで自分の思ったことを書き綴っていくつもりです。もしかすると文章に一貫性がないかもしれませんが、文章の書き方については気を付けていきたいと思います。