本と物理と戯れる

本の感想、物理、その他という感じで書いていきます。どうぞ、よろしくお願いします。

『秒速5センチメートル』をみて思ったこと(ネタバレあり)

アマゾンプライムで『秒速5センチメートル』が観れるようになっていたので、衝動的に観てしまいました。3回目くらいですね。定期的に観たくなってしまいます...

胸が苦しくなるのはわかっているのですが、というよりもむしろそれを求めてという感じですね。この作品が好きな方はきっと共感するのではないでしょうか?

今回みて思ったのは、まず3部構成の第2部で『時速5キロなんだって』というセリフを入れた構成が素晴らしいなと思いました。

主人公がこの先忘れたくても忘れられない言葉(とそれに付随する思い出)に縛られ続けるということを象徴していると思います。

『秒速5センチなんだって』という言葉は単なる言葉を超えて何かを持っている。好きだったあの子の今は見れない輝く表情、二度と聞けない声。

 

 

そんなことを思いながら観続けていって思ったこと二つ目、私を苦しめる場面がやってきました。

それは、篠原明里が恋人に見せる笑顔です。もし、本作品と同等の環境に身を置いた時、登場したシーンの笑顔は、かなり稀なタイミングで出会わない限り目にしないはずです。現実世界でそれを目撃したらメンタルが崩壊する気がしますが、アニメでは視聴者として、主人公の遠野貴樹に感情移入している最中にそのシーンがやってきます。これはフィクションとはいえなかなか辛いものでした。

あまり同一作品を何回も観るということはしない僕ですが、胸を締め付ける最も大きな要因がはっきりと分かったということで観た価値はありました。もちろん、風景を楽しんだりもしましたけどね。。。

正直、電車ですれ違った?場面で、電車が通り過ぎた後相手は振り向いてくれなかったことよりも、相手の観るはずのない笑顔を観てしまったことによる、心のダメージの方が何倍も、何十倍も大きかったです。

 

 

最後にですが、『君の膵臓をたべたい』と似ているところがあるなと感じたので、それを記しておきましょう。

それは、表面上の言葉に、ある人との関係をつなぐ唯一と言ってもいいほどの思いが詰まっていることです。それはたとえ事実上関係が断たれた状況でも、あの日交わした君のあの言葉だけが君と繋がっている(過去に確かに、確かに繋がっていたんだという)ことを認識させてくれる自分と相手との見えない糸なのだと思います。

『君の膵臓をたべたい』という言葉は、表面上の言葉だけを見れば単なるサイコパスです。しかし実際には、二人が交わした言葉のキャッチボールの中で生まれたものであり、私が君のことをどれほど想っているかを伝えている言葉なわけです。

『秒速5センチなんだって』という言葉は、転向して会えなくなった二人が桜の木を見て、相手のことを思い出すための言葉です。二人にとっては単なる豆知識とは比べ物にならないほど大切な意味をもつ言葉なのだと思います。

好きな相手に好きな花を伝えておくと、それを見るたびにその人のことを思い出すという話もありますが、それに近いかもしれません。

 

今回は、そんな感じで、『秒速5センチメートル』で程よく心をズタズタにされたというお話でした。この作品はこれからも何度も観ることになるんだろうなー。